太陽経済とは

太陽経済について

太陽経済とは、技術と英知によって、人類が毎年の太陽の恵みで暮らすことを可能にする新しい経済です。

太陽からのエネルギーを活用し、資源とエネルギーを節約し、水、食糧、環境を確保して、人類は自らを救い、人間性を守ることが可能になります。

太陽光は、地球のどこでも手に入ります。再生可能エネルギーを電気にし各地域を送電網でつなぐことで、地球規模で効率的な利用ができ、使用料を安くすることもできます。
その電気を使用し、インフラ整備、砂漠緑化、淡水化、浄水化を進めることで地域を豊かにし、貧困や格差を減らしていくことができます。

このように、太陽からの恵みによる再生可能エネルギーを活用し、日本の効率化技術により節約しつつ、人類に必要な水、食糧、環境を確保していく経済システムが太陽経済です。
太陽経済は、エネルギーの枯渇、水や食糧の不足、さらに紛争や戦争の恐怖から解放し、人類が100億人になっても平和で共存共栄できる社会を実現します。

太陽経済 概念図

地域・街づくり インフラ整備、農業振興、流通システム、リサイクル、行政制度、サービス、衣食住、教育、医療、啓蒙
トップに戻る