技術と英知で太陽からの恵みのエネルギー、食糧、水、環境を確保し、
人類が100億人になっても、世界に行き渡せられる持続可能な社会を

太陽経済の会 Facebook 最新ニュース

2017/08/08 弊会代表理事の山崎養世が発信している山崎通信です。
ご参照くだださい。
-----------------------------------------------------------
【山崎通信】2017/08/08

山崎養世です。

先月、フランス、イギリス、各政府がガソリン車や
ディーゼル車の販売を2040年以降、禁止すると
発表しました。
環境規制の強化を背景に車の電動化の流れが欧州
で加速しそうです。

すでに欧州の自動車メーカー各社、スウェーデンの
ボルボが2019年以降すべての車種を電気自動車や
ハイブリッド車にすると発表したほか、ドイツでは
ディーゼル車を保護する動きがあるものの、BMWも
傘下のブランドのすべてのモデルに電気自動車などを
設ける方針を明らかにしています。テスラは「手の届くEV」、
モデル3を発表しました。

化石燃料に依存しない電化社会、自動走行技術の進化で
エネルギー、交通、都市、各革命の兆候が欧米諸国、
日本で現れています。

私が4年前にJBプレスで発表した下記記事で、
太陽経済・エネルギー・電化・送電・EV/交通革命が
地域革命を起こすと言及しました。
また、太陽経済の会から『自然エネルギーの基幹
送電網の整備と安心・安全な自動車社会の実現に向けて』
と題する国家戦略特区の提案もしました。

現在、事業会社で自然エネルギー発電の開発、
日中印の地域・都市開発に取り組んでいます。

ぜひ、下記記事と提案書を読んでいただき、
今後の産業・社会構造変革に対するみなさまのご意見、
アドバイスを賜れれば幸いです。

自動車よ、パーソナルな電車になれ 
日本に送電網を張り巡らせる「真夏の夜の夢」
山崎養世著
↓2013年8月16日 JBプレス掲載
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38469

国家戦略特区 提案書(要約版:図解2ページ)
自然エネルギーの基幹送電網の整備と安心・安全な
自動車社会の実現に向けて
↓2013年9月16日 一般社団法人 太陽経済の会
https://app.box.com/s/norm4lkqls11iwuitbh38uslxxo283sl
クラウドストレージのBOXに保存しています。

太陽経済の会オフィシャルFacebookページへ

太陽経済とは

技術と英知で太陽からの恵みのエネルギー、食糧、水、環境を確保し、人類が100億人になっても、世界に行き渡せられる、共存共栄できる平和の経済システムです。
※国連世界人口推計 2015年改訂版の中位推計によると2066年に世界人口が100億人を超えると予測しています。

詳細はこちら

太陽経済の会とは

平和で共存共栄できる太陽経済社会を実現する志・技術・英知を持つ人たちの集まりです。

詳細はこちら

イベント・セミナー

トップに戻る